トップページ >  > 首が太い人に似合うファッション

首が太い人に似合うファッション

首が太い人の場合は筋肉による太さか脂肪による太さのどちらかに分かれるのですが、どのようなファッションを取り入れれば似合うといえるのでしょうか。

体格がよく首が太い人というのは所謂ガッチリ体型に当てはまりますので、基本的にはガッチリ体型の方向けのファッションをするというのがポイントになるのですが、やはり何も着こなしを考えないままだと首周りの太さはどうしても目立ってしまいますので、どのようにカバーしていくかが重要になります。

まずシャツ選びをする際にはつい首元がきつくならないようゆるい服を選びがちなのですが、これはガッチリ体型の方が陥りやすい間違えなので、身幅にあったサイズのシャツを選択するようにしましょう。

そして衿についてですが、ロングポイントカラーと呼ばれている衿先が縦方向に長いタイプのシャツを選択すると首が太い人に似合うファッションといえます。

このロングポイントカラーは衿先がおよそ9~10cmほどと縦に長いことから、見た目の印象を縦方向にスリムな印象にすることができますので、首の太さを和らげ顔もすっきりと見せることができる効果があります。

また同様の効果をもたらすアイテムとしてはVネックのカットソーやニットなどおすすめになります。

この場合もやはり縦方向に切れ目が入っていますので首元や首周りがすっきりと見せることができ、首の印象を横方法から縦方向へと変換させることができます。

Vネックの組み合わせとしてはここにジャケットをあわせるのでも良いといえます。

ただその一方で絶対に避けるべきアイテムもいくつかあり、タートルネックやピエロカラーなど首の太さをより強調するタイプの服や、ハイネックなどの首のつまったデザインもオススメできません。

また印象を変えるのではなく完全に隠したいという方であれば冬場には薄手のマフラーを、夏場であれば夏用のストールを一巻きすることで似合うファッションにすることができます。


メンズスタイル

首が太い人の場合は筋肉による太さか脂肪による太さのどちらかに分かれるのですが、どのようなファッショ...