トップページ >  > 仕事で着れるカジュアルはどんな服装?

仕事で着れるカジュアルはどんな服装?

以前より職場によってはスーツではなくカジュアルなファッションが許されている場合が増えており、朝の通勤時間帯には私服の方も目立つようになりました。

また特に夏場になると国の環境対策を目的とした軽装化キャンペーンであるクール・ビズが2005年より開始されたのを機会にかちっとしたスタイルではなくやや崩した服装の方も増えてきたのですが、仕事で着れるカジュアルスタイルとしてはどんな服装があてはまるのでしょうか。

まず夏場のクール・ビズ以外ではすでに不文律のドレスコードのような物があり、綿かウールのジャケットに、綿かウールのパンツであわせ、インナーには襟がついたドレスシャツを着用し、靴は革靴を選択するというのが仕事で着れる一般的なスタイルとなります。

こうした細かな規定について会社の服装規定で指示されている場合もあれば、規定は無くてもあまり着崩せる状況ではない場合にはこうしたスタイルであればまず間違いないといえます。

続いてある程度ファッションについて許容がある職場の場合についてですが、この場合でもやはり暗黙の了解みたいなものがありますので、お勤め先の上司や先輩の方などのファッションを参考にどのあたりが許容範囲なのかを探りつつファッションを選択することになります。

その際に一つポイントになるのは、デニム系パンツやワーク系パンツが許容されているのか、また靴としてスニーカーが許容されているかというボーダーラインもありますので、どこまでラフな着こなしができるのか探りましょう。

またクール・ビズにおいては役所でも適用されていることから国による一定の指針があり、ノーネクタイは○、ノージャケットは○、半袖シャツは○、かりゆしウェアは○、ポロシャツは×、アロハシャツは×、Tシャツは×などのように細かく定められています。

役所勤めの方の場合はこのあたりの指針を参考にすることになり、また民間企業にお勤めの方の場合はこの指針をそのまま持ち込んでいる仕事場もありますので、スーパークール・ビズとの違いに気をつけながら仕事で着れるカジュアルな服装を選びましょう。

SPUTNICKS

以前より職場によってはスーツではなくカジュアルなファッションが許されている場合が増えており、朝の通勤...