トップページ >  > 身長が低い(低身長)人に似合うファッション

身長が低い(低身長)人に似合うファッション

身長が低くおよそ165cm以下の方の場合は少しでも上方向に高く見せるということが非常に重要になるのですが、ファッションでその点を補おうとした場合にはどのようなファッションが似合うのでしょうか。

まず165cm以下の身長が低い方の場合は服装で縦に線を入れるということがポイントとして非常に大きく、例えばジャケットを着た場合には前のボタンで留めずに首元から腰にいたるまでの縦線を強調するというのがお似合いのファッションといえます。

ジャケット以外にも着丈の短めのアウターやベストやカーディガンなどでも前のボタンを留めないことで縦方向に大きな線を作ることができますので、いずれも実践をしておきたいといえます。

ただアウターを着用する場合には着丈が短めであればバランスが良いのですが、着丈が長いアイテムの場合はバランスが悪く見た目の身長がかなり低く見えてしまいますので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

続いて首元に関してはやはり縦方向への印象を強めた方がよいので、Vゾーンを意図的に作ると低い方には似合うファッションといえます。

例えばシャツであれば第2ボタンまで外したり、VネックのカットソーやTシャツなどからカーディガンを選択したり、またはパーカーなどであればファスナーを上まであげるのではなく第2ボタンほどの位置まで下げておくと良いといえます。

続いてパンツの選び方に関して、165cm以下の身長が低い方の場合は体型をカバーしようとやや太いアイテムを選ぶ傾向があるのですが、この場合は身体全体のバランスを見たときに良い物ではないといえます。

パンツに関しては太いと短く見えて細いと長く見える傾向がありますので、ご自身の身丈にあった細めのパンツを選びましょう。

また靴に関しても一つ重要なポイントがあり、パンツと同色の靴を履いていた場合は足が長く延長しているように見えますのでこの点でも身長を高く見せる効果があり、低い方には似合うといえます。


このショップの店長さんは身長165cmでありながら、そうは見えないコーディネートがすごく参考になります
↓↓↓この写真にうつってる人がそうです ⊂(゚∀゚*)!↓↓↓ メンズスタイル

身長が低くおよそ165cm以下の方の場合は少しでも上方向に高く見せるということが非常に重要になるの...